カテゴリー
未分類

ゴルフ

「ゴルフって面白そうだよね」なんて軽々しく言ってしまったのが事の始まりだった。昨年の夏である。

親友のおばはん(仮名)がその言葉を聞き逃すはずがなかった。おばはんはその年、ゴルフの腕を上げるべく本格的に練習を始めていた。100切りを目標を掲げていたが、何せ友達がいないからコースを回る機会がなかなかない。そんな折、私が興味を示したものだから、手っ取り早くこいつを練習相手に仕立ててしまえばいいと考えたのだ。

それからおばはんは頻繁にゴルフの話をするようになった。美しい景観で繰り広げられる程よい運動、コースを終えた後に待っている美味しいビール、などと魅惑的な言葉で誘う。もちろん興味はあったが、その頃まだ私にも職があり、重い腰が上がらなかった。

イメージ画像:確かにここでビールを飲みたい

徐々におばはんのセールスピッチは精神論へと展開する。ゴルフのプレーに如実に現れる人間性。地形や天候などコントロールできない自然の中で、いかに冷静に自分と向き合い、ベストのパフォーマンスを出すか。ゴルフとはスポーツの枠を超えて人格形成に役立つのだ、と熱弁を振るう。

11月頃だったか、LINEで写真が送られて来た。会社の人たちと回ったラウンドがとても楽しかった、というような内容だった。見ると雨が降っているようだった。黒っぽいレインウェアを着た数人が寒そうに肩を並べ、強張った笑顔を向けている。説得力のない写真であった。

私は怖くなってしまった。こうまでして私を取り囲もうとするおばはんの執念に!早くゴルフを始めないと、このエスカレートする勧誘は止まらない。私は決心し、年末滑り込みでゴルフレッスンを申し込んだ。こうして半年間に及ぶおばはんの弛み無い説得(強要)の末、私のゴルフライフがスタートしたのであった。

趣味(になる予定)のゴルフ:ピカピカの用具一式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です