カテゴリー
未分類

ニートはつらいよ

しばらくブログを更新していなかったら、西荻の女帝からクレームが入った。「はよ、あげろ」と催促のLINE。

女帝はチーママ行きつけのスナックのママなのだが、とにかく敵に回すと怖いので、美人だ、とだけ言っておこう。(泣きぼくろもある)更新するにもネタがない、と返事をしたら「当たり前だろ、無職なんだからw」と軽くあしらわれた。

そういえば先週平日に映画を観に行った。近所の映画館で「男はつらいよ おかえり 寅さん」が上映していたのだ。寅さんシリーズは大好きで、毎週土曜のBS放送は欠かさず観ている。柴又の寅さん記念館で寅さんと一緒にプリクラも撮ったことがある。

いい席で観たかったので、早めにチケットを購入し時間を潰して、上映10分前に映画館に戻ったのだが、ロビーに入った瞬間「しまった!」と思った。入場を待っているお客さんが、全員シニアなのである。

こんなところでクラスターでも発生したら、まず間違いなくロクな調査もされずに私が感染源にされてしまう!慌ててマスクで顔を隠し、隅に移動した。

すると売店で一人の老人がパンフレットを購入していた。彼は意気揚々と売り子に話している。聞くと映画を観るために、はるばる九州からやってきたという。「今はもうどこの映画館でも上映してなくてね」と嬉しそうに言った。

第二波到来の東京に身の危険を冒してまでこの映画を観にくるとは、驚くべき寅さん愛である。私も金と時間を浪費している身だが、上には上がいるもんだと感心した。

つられて買ってしまったパンフレット

さて肝心な映画の内容だが、言うまでもなく素晴らしかったのでレビューは割愛させていただく。私が思うに寅さんの良いところは、必ずしも幸せではない人や傷ついている人にもちゃんとスポットライトを当てて、暖かく包み込んでくれるところだ。

そうした優しさを私のブログの読者たちは持てないものか。ファンなら大人しく更新を待てと言いたいところだが、とりあえず読んでいる人間はみんな身内で、身内は全員怖い人たちなので、今のは読まなかったことにしていただきたい。

そうこうしているうちに更新が遅いとチーママからもクレームが入った。

ニートとなり労働という足枷から解放されたはずなのに、こうしてまた何かに囚われ拘束される、人間の悲しき宿命を嘆いた。

それが渡世人のつれぇところか。

趣味の折り紙:お団子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です