カテゴリー
未分類

総裁選

最近石破さんがベルセルクのモズグスにしか見えない。

ここで知らない人たちのために説明しよう。ベルセルクとは三浦建太郎先生の名作ダークファンタジー漫画で、モズグスはその物語に登場する適役の一人である。

モズグス様(ベルセルク17巻より)

モズグスは人間を拷問するのが大好きな司祭様で、神の名のもと邪教徒を狩り集めては様々な拷問グッズを用いていたぶりまくるサイコパスなのである。

前から似てるなとは感じていたが、総裁選に向けて露出が増えた石破さんに、より強くモズグスが重なって見える。彼が総理大臣になったら国民全員血祭りに上げられるんじゃないかと、完全なる偏見を持って一人震え上がっている。

しかし面白いもので、怖いもの見たさなのか、石破さんを見ているうちに何だか無性にモズグスに会いたくなってしまい、居ても立っても居られなくなった。そしてついにメルカリでベルセルク全40巻を大人買いしてしまったのである。

遠のくミニマリストへの道

やっちゃいけないとはわかっているが、読み始めたらもう止まらない。気がつけばまる二日間、寝食を忘れ気が狂ったように読み更けていた。読み終えた後は、魂の抜けた一つの肉塊と化した。やはりこの漫画は傑作である。私の語彙力ではとても表現しきれない壮大な世界観だ。

読んだことのない人は是非一度手に取っていただきたい。もちろん私から借りたければ声をかけて欲しい。今なら特別に一冊500円で貸し出そう。

さていよいよ本日新総理が発表される。恐怖政治突入なるか。

怒った時のモズグス様。か〜ら〜の〜…
ドッゴーン!!!!!!!

追記: なんだかんだでモズグスが好きだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です